雑感6 <日本再生論2>

   今、日本は、不況、失業、倒産、リストラ等の文字が、
毎日紙面を、にぎわし、日本人すべてが、総閉塞状況の中
にある。国民一人一人が、過剰な防衛体制で身構え、各
企業も、リスクを負った夢ある事業展開を、過度に抑制し
ている。我々国民一人一人が、何を考えどのように具体的
な日常の行動を、起こしていくべきでしょうか。7項
目、指摘したい。
1、日本人としての誇り、自尊心、矜持を、強く持つ。
2、日本の歴史、特に、明治維新、戦後史を、よく調べ、
    現代考察の参考にする。
3、日本の良さを、再認識、再確認し、原点に帰る。
4、若い人達に、家庭、学校、企業で、道徳教育、倫理教育、
    心の教育を、徹底する。特に男性には、生物学的な意味
    合いでの愛する妻、子供を体を張って守る。そして、愛
  する国を守る。愛する会社を守る。
5、アメリカの押し付け、ビッグバン、グローバルスタンダ
    ード、格付け、を一旦脇に置き、言いなりにならない。
6、コンピューターを、過去の集計だけでなく、未来への豊
    富な可能性の選択肢作りとして活用する。
7、日本伝統の家族的友好関係を、各企業で、見直し、優勝
    劣敗だけでない、調和、融和を取り戻す。
  ざっと、考えている事を書いたが、余りにアメリカだけを
見たやり方で、本当にいいのか。国際化の美名の下に最大の
債務国アメリカに、最大の債権国日本がこれほどまでにふり
まわされるのか。ビッグバンで誰が得するというのか。目を
覚ませ。政治家。大蔵官僚、そしておとなしい日本人よ。
我々の21世紀へのみちすじは、この道でいいのか。                       
                                            鈴木誠一拝