ゲタ函館漫遊記
2000年、5月17日(金)〜5月20日(日)in 函館

ゲタ函館漫遊記の始まり、始まり。
   函館転勤になった中村司君を励ましに行こうと、
東京から加藤伸二郎君、桧野良穂君、奥野誠也君、
福本光秀君、菅原滋良君、丑田浩司君、仙台から
菊田健三君、但木均君、猪股守郎君、久保一君、
山田修一郎君、菅原光博君、鈴木誠一の13名が、
函館に飛んだ。空港に司君が迎えに来てくれており、
ゴルフ組は、急いでゴルフ場に直行。久保一君は、
教え子と待ち合わせという事で単独行動。山田、菅原、
丑田、中村、鈴木の5名は、マーチに乗り、観光出発。
船頭多くしてで、皆勝手に「どこどこへいこう。」
と窮屈な車の中で言っている。何とか話しがまとまり、
トラピスチヌ修道院に向かう。身を清めたところで、
駐車場で割り引き券をもらったレストランへ行き、
遅い昼食。山田君は、天ぷら定食、鈴木と菅原君は、
かに入り海鮮ラーメン。丑田君は、昼からワインガブ飲み。
運転手の中村君は、コーヒーのみ。大沼公園へ1時間
かけて向かう。自転車に乗ろうという事になり、いざ出発と
いう時に雨が降り出す。雨宿りということで、地ビールと
ワインをとうもろこしをつまみにしっかり腰を落ち着けて
しまう。屋根付きのモーターボートがいいだろうという事に
なり、湖を豪快に一周する。見事な自然美だった。爽快な
風と水しぶきを受け、観光気分が、盛り上がる。いつしか
雨もあがって、サイクリングで、軽快に湖畔を駆け抜ける。
まるで青い山脈のような若返ったシーンだった。大沼公園
の前で集合写真。ナイスショット。市内へ戻り、五稜郭を
散策。五稜郭タワーに昇り、函館市内を展望。函館山も
たそがれとともに情緒を深めて行く。一度ペンション坂の上
にチェクインをすませ、急いで、函館の夜景を観に、函館山へ。
ロープウェーで3分。絶景かな100万ドルの夜景。あちこちから
感嘆のため息が漏れる。デジカメのシャターをたてつずけに
きるが、余り良く撮れてなく残念無念。8時から宴会という事で
すぐ下山。
   宴会ははじめから大ブレーク。柳町の友寿司1万円の会
費で、ネタは、絶品。ほんとうにおいしかった。司君ありがとう。
FMいるかの地元超売れっ子のパーソナリティーの山形敦子
さんを特別ゲストに迎えて、ヴォルテージの高い会話が続く。
1月に司君がゲストとして山形さんの番組に出演して、とても
いい雰囲気でその中で下駄の会を紹介して、今回の函館ツアー
の話しとなり、ご招待したという話しである。司君は、この番組の
テープを事前に私のところに送ってくれ、私はこっそりダビング
して皆に送っていたので、山形さんは、その内容を皆が知って
いたので驚かれていた。加藤君のテンポのいいしゃべりで、
盛り上がる。久保君の浮いた洒落でずっこける。ゴルフの表彰
式が但木君の司会のもとなごやかにとりおこなわれる。ベスグロ
は但木君、そして優勝者の奥野君の突撃リポートを、乗りのいい
山形さんが、プロの業で切り込んでくれた。さすがプロ。山形さん、
盛り上げていただきありがとうございました。福本君の下ネタには、
皆抱腹絶倒。山形さん、失礼しました。収拾が付かなくなりお開き。
大変エネルギシュな楽しい宴会でした。
   加藤君の社員の親戚がやっているといういう店で2次会。皆ほん
とうに元気ですね。菅原滋良君のGeorgia On My Mindすばらし
かった。皆芸達者で驚く。加藤君いい店お世話ありがとう。2ショット
の写真撮れてます。何という子でしたっけ。綺麗な人でした。
   翌日は朝からあいにくの雨。ゴルフ組この雨でも行ったんだって。
ほんとうに元気だ。観光組は、予定通り金森倉庫、朝市を雨の中
散策。丑田君は、毛がにの味見で何軒かの店のはしご。市電に
乗って谷地頭温泉へ。360円の入浴料を払って、温泉三昧。高温
風呂、低温風呂、露天風呂、バブル風呂、すべてに入ってきた。
鉄分が多いせいか、ちょっと茶色みがかっていた。いい温泉だった。
風呂あがり昼飯に、ざるそばとビールを楽しむ。市電で朝市に戻り、
海産物などのおみやげを買い込む。丑田君、毛がにをやっと買えて
御満悦。司君に空港まで送ってもらう。空港で全員の集合写真。
お疲れ様でした。ほんとうに楽しい小旅行でした。又皆で旅をしま
しょう。司君何から何までありがとう。函館で元気で頑張って下さい。
                                               鈴木誠一拝

クリックすると大きくなります。