雑感22 <鈴屋金物鰍フ業務実践訓>

<鈴屋金物鰍フ業務実践訓>		
社員は、日々下記の業務実践訓を復唱・頭で理解するだけでなく体得し							
体にしみこませ習慣化して、いつでもどこでも再現できるようにする。			

(仕事編)								
	1	時間・約束・信用を守れ。						
	2	好感の持たれるマナー・ユーモア・楽しい会話を身に付けよ。						
	3	はっきりとした明確な具体的目標を設定せよ。						
	4	目標達成の為に計画を立てて、達成期日を設定せよ。						
	5	成功意識を植え付け、成功への習慣を創り出せ。						
	6	一切の否定語を無くせ。肯定的に考える習慣を付けよ。						
	7	できない理由を並べるよりも、できる方法を考えよ。						
	8	時間が無いと言う前に、時間を作る努力をせよ。						
	9	与えられた状況の中で、最も効率的な方法を考えよ。
	10	緊急度・重要度から優先順位をつけて、仕事を処理せよ。

(商売編)		
	1	ねあか伸び伸びへこたれるな。
	2	付加価値は、物その物にあるのではなく、お客様の考え方の中にある
		事を知れ。
	3	買う事に誰が決定権者であるかを知れ。
	4	売る物を知れ。売り先を知れ。売る方法を知れ。売る心を知れ。
	5	常にたくましき商魂を持って、飛躍せよ。
	6	客の土俵ではなく、自分の土俵で相撲を取れ。
	7	パーツを売るのではなくシステムを売れ。
	8	一物件総合納入施工を心掛けよ。
	9	自分・会社・業績・考え方を売れ。
	10	客は理性でなく、感情・情緒で物を買う事を知れ。

(営業編)		
	1	受身型営業より提案型営業を展開せよ。
	2	とにかく一番になれ。とにかく勝て。勝ち方を知れ。
	3	進んで恥をかけ。恥をかかずに何ができる。
	4	苦手仕事・苦手人間・苦手企業に積極的にぶつかれ。
	5	困難な目標に挑戦し持続する難しさ・重要さを知れ。
	6	トップセールスとは、1回売れた事より99回屈辱を味わって
		断られて売ることを身をもって知れ。
	7	絶えず心の中で目標を念じて努力し続けると実現する事を知れ。
	8	他分野の優れたパターンを応用せよ。
	9	いつも微笑を心掛けよ。
	10	話し上手よりも聞き上手を心掛けよ。

(顧客編)		
	1	お客様から給料(お金)をいただいているという事を肝に命ぜよ。
	2	お客様は、自分の為にだけ何をしてくれるかだけを考えている事を知れ。
	3	お客様の名前・顔・尊称・人間性・趣味を積極的に覚えよ。
	4	お客様と議論するな。間違っていても責めるな。
	5	お客様の幸不幸に関心を持て。
	6	自分の自慢をせず、お客様のお話を良く聴け。お客様を心から褒めよ。
	7	お客様に素直に感謝の気持ちを表せ。
	8	新たなお客様を紹介してもらうのは、取引直後がベストである事を知れ。
	9	お客様との対応から器量・人徳・人望・忍を養え。
	10	前向きな考えを持つお客様と積極的に付き合い、学べ。

(心得編)		
	1	人が自分に何をしてくれるかよりも、自分が今何ができるかを考えよ。
	2	人が何を言うかよりも、真に自分が、どう思うかを問い正せ。
	3	過ちをすぐ人のせいにするよりも、最初に自分の中に原因を求めよ。
	4	過ちに気付かないのが、最大の過ちであることを知れ。
	5	評論家になるな。実践人になれ。まず君がやれ。
	6	進歩は模倣から始まる。模倣せよ。探求せよ。そして徹底せよ。
	7	人生・仕事にはリハーサルが無い。今が本番である事を肝に命ぜよ。
	8	自分が理想とする仕事上の条件を書き出せ。
	9	少数にすれば精鋭になる事を知れ。
	10	間接業務(電話・積算・配送・経理)の20%のスピードアップを図れ。

(経営姿勢編)		
	1	誇りを持って永続する企業・社員を心掛けよ。
	2	3年後・5年後を考えて、今何を成すべきかを考えよ。
	3	今後こうありたいと思う企業の方向性を示せ。
	4	自分の考え方を変え・習慣を変え・品性を変え・人生を変えよ。
	5	人間性・創造性・開拓精神・実践活動を持って市場を切り開け。
	6	現実を越えた発想が現実を変えることを知れ。
	7	絶えず目的意識・価値意識・危機意識・問題意識を持って感性を磨け。
	8	自らを駆り立てる仕事環境を自らの手で作れ。
	9	進取の精神を持って、常に新しい情報・仕事を開拓せよ。
	10	常に社員一人一人が、原価意識を持ち利益を確保せよ。
		
         
                                                           鈴木誠一拝