雑感21 <サラリーマン川柳>

無理させて、無理をするなと、無理をいう。

社の幹部、裏を返せば、社の患部。

妻の声、昔ときめき今動悸。

「前向きで」駐車場にも励まされ。

大不況、我社もなりたい国有化。

リストラで、辞めれる奴は、できる奴。

メール打つ、早さで仕事がなぜできぬ。

十二支が、ネーリストラに聞こえたり。

妻に尻、上司に肩を叩かれる。

一戸建て、手が出る土地は、熊も出る。

まだ寝てる、帰ってみれば、もう寝てる。

左遷先、飲み屋のママに教えられ。

不況風、あがらぬ凧の足を切り。

一生を、賭けた会社に先立たれ。

社員にも、会社にもある突然死。

合理化の、海で弱者が溺れ死に。

更生法、適用したい我人生。

ついて来い、言った上司が先に辞め。

肩書きが、取れて肩こりしなくなり。

タバコより、会社を先に辞めました。

こりゃまずい、合併先は辞めたとこ。

新社員、紹介されたら父だった。

あちこちと、渡る面接、鬼ばかり。

ボーナスを、変換すれば少与と出。

ボーナスに、履かせてみたい厚底靴。

へそくりは、千と小銭の金隠し。

減税も、無いのに減った所得税。

職安に、年賀状出す年の暮れ。

不景気や、ジャンボに賭ける金も無し。

熱心に、仕事のふりしてEメール。

声出して、入力するなパスワード。

ドットコム、どこがどっと混むと、聞く上司。

ミレニアム、職場の窓から初日の出。

Y2K、どんな間取りだ部屋いくつ。

おにぎりと、孫を預かる日曜日。

きついけど、あるだけいいかこの仕事。

究極の、リストラ社長、だけ残り。

                          鈴木誠一拝