雑感143<仙台七夕の七つ飾り>
 
 <仙台七夕の七つ飾り>
仙台は、七夕前夜祭が終わり、今日から仙台七夕祭りです。
仙台七夕には、七つ飾りがございます。
@吹き流し、A折鶴、B短冊、C紙衣、D投網、E屑籠、F巾着。
@吹き流しは、織姫と彦星の伝統に由来して、織姫の織糸を象徴し、
技芸の上達の願いが込められております。
A折鶴は、長寿への願いが込められております。歳の数以上折るようです。
B短冊は、皆さんは、願い事を書いているようですが、
本来は学問、書の上達の願いが込められております。
C紙衣は、当初は裁縫の腕が上がるようにとされてますが、
本来は、病気、災いの身代わりの意味が込められております。
D投網は、大漁、豊作の願いが込められております。
E屑籠は、中に七つ飾りの裁ち屑が入っていますが、物を大切にする心、
物を使い切る心、倹約、清潔の心を育てる願いが込められております。
F巾着は、貯蓄、節約の心を養う願いが込められております。
このように、豪華絢爛の仙台七夕祭りの七つ飾りには、
心の修練、物を大切にする心、貯蓄の心が込められております。


                 平成26年8月6日(水)鈴木誠一拝