雑感80<再生>

  新年明けましておめでとうございます。
皆様には、家族揃って、穏やかなお正月を迎えられた事と
お慶び申しあげます。今年もよろしくお願いいたします。
  昨年は、小泉構造内閣の不良債権処理加速策の下での
多くの倒産、リストラ、失業の嵐が吹き荒れました。
特に我々を取り巻く建設業界においては、大変厳しい一
年でした。

  平成15年の幕が上がりました。今年は、癸未(みず
のとひつじ)六白金星中宮の年です。未(羊)には、美し
い、良いという意味を含まれております。癸は発に繋がり、
未は、未来の未で、未知なる物の意味です。癸未とは、
未知なるものへの旅立ち(出発)を示唆しております。
その意味で未知なる物、Something Newに、企業が、
いかに挑戦できるかが、大命題に成ります。

 四緑木星生まれの私は、大変良い年回りで、24節気
では、啓蟄から、春分、清明に至る発芽、発奮の陽春の
候に相当します。1日の時間では、朝日の昇る午前5時
から午前7時に至る卯の刻で、万物を照射、顕現し始め
る時に相当します。今まで憂鬱でうっとうしかった気分
が一掃されて、やる気十分となり、前途に希望、明るさ
が蘇ってきます。強勢の発展期で、努力に応じた成果が
得られる年回りとなります。良い種は良い芽を出し、悪
い種は、悪い芽を出します。本年は、万事に積極策を用
いることが良く、飛躍の機会が多くなります。

 今年のテーマは「再生」です。旧態以前としたやり方
を投げ捨て、古きを取り去る為の根底からの大改革が必
要です。後半には、景気にも、賑やかさ、華々しさが出
てきます。今年は、後半秋口から、小泉構造改革の実効
が現われ始め、ミニバブルのような活況の様相を呈して
くると考えます。今年こそ、景気回復、経済再生が実現
できる年と考えます。

  インターネット等のデジタル通信をいかにビジネスに
活用できるかを真剣に検討すべきです。ネットモール、
バーチャルモールに対する研究も肝要と考えます。我々を
取巻く建設産業と、情報産業のオーバーラップしたところ
に、ニュービジネス、新たな需要があると確信します。

 21世紀のビジネスは、個の確立と発信に根ざしたONE 
to ONE Marketingです。自社独自のメッセージを常に発信し
続け、新たな需要創造に発掘しようと考えます。今年の鈴屋
金物の行動テーマは、再生の為のスピード経営です。お客様
にとってスピーディーなサービスを提供したいと考えます。

  笑う門には、福来たりです。大声で笑い、不況風を吹き飛
ばしたいものです。感謝の気持ちを持って、ありがとうの言
葉を意識して多く使い、常に笑顔で、明るい表情で、景気の
いい話、夢のある話で未(羊)年を良い年としましょう。
今年もよろしくお願いいたします。    
                                  
                     平成15年 1月1日(水)鈴木誠一拝