雑感64 生涯教育、
早稲田大学オープンカレッジ仙台校開講

   戦後日本は、軍事大国、経済大国、生活大国の道を歩んできた。
日本は、経済大国になって、金さえ払えば、何でもまかり通る国に
成り下がってしまった。何の汗も流さずに、巨利を得るマネーゲー
ムに国民が皆踊った。50年かかって蓄えた貯蓄を皆失った。

  今、教育大国、教育立国の時が到来している。今こそ、教育立国
日本の実施が必要である。教育立国でやっていかなければ、日本の
将来は無い。資源の乏しい日本の未来に希望の灯をともすには、教育
立国しか無い。停滞は死滅である。世の為、人の為に、いかに自分を
むなしくして、身をていする事ができるか。皆が知識、情報を共有化
せねばならない。知らせて、自立させる。奥島孝康早稲田大学総長は、
今こそ強く、生涯教育の充実を説く。Happy RetireからHappy Agingへ。
年をとるという事は、成熟の過程をとるという事である。知識、経験
の豊富な熟練の人が、社会に還元する事が大事である。人生50歳時
代から人生80歳時代を迎え、生涯教育システムの確立が必要である。
いくつになっても学ぶ事によって、生き甲斐を持ち、キャリアアップ
する事が重要である。あらゆる世代に門戸を開放し、すべての人に
対して教育のオープン化を目指す。人は、生涯学び続けなければな
らない。年をとる。老化するとは、衰退の表現である。加齢は、
成熟の極みである。生涯現役の社会を作る。Happy Aging. の社会の
実現である。あらゆる地域と世代へ開かれた生涯教育を目指す。
高い視点、鳥の目、birds  eyeで、世界を見、
低い視点、虫の目、worms  eyetで、地べたを這いつくばって、
地域に尽くす。グローバルな目線、視線とローカルで野生的な魂を
持った志の高い、行動力のある若者を次々と社会へ送り出していく。
激動の現代社会の担い手は、タフで心優しい野人でなければならない。
上からでなく、下からの生涯教育を地域に還元する。地域に根ざした
密接なコミニケーション生涯学習共同体を実現する。
1、情報、知識を共有する。
2、生涯学習の場を、広く提供する。 

  日本の若者は、現場を自分の目で見よ。知的偏重教育を是正し、
偏差値社会を崩せ。精神的に情緒不安定の多くの人に、徹底して心の
教育を施す。何事も中途半端な様相は、日本の社会構造に起因している。
何事も徹底して、継続してやり遂げさせる。日本の再生の為に、地域
から活性化する。情報とは、すべての学問のインフラ、道具でしかない。
その意味で、早稲田大学オープンカレッジが、地域の生涯教育インフラ
の一助となる事は、大きな社会的意義を持つ。生涯教育によって、自分
の生き方を自分で考えて決める力、生活を切り開く力、自分の生活を
楽しむ力を持てるように導く。変化の激しい国際化、情報化時代において、
主体的な情報選択能力を涵養し、たえず学び続ける。物質的生活の豊かさ
から、精神的な豊かさに対する人間の内面的要求、不変の価値の高まりを、
オープンカレッジで充足させる。 多くの高齢者が、地域社会に寄与し、
愛着を持ち、生きがいを見いだせるよう、自己の経験や知識、能力を生
かして、社会的に活動することは、大きな生きがいとなり、それこそ、
オープンカレッジの目的そのものである。生涯を通じて、科学、芸術、
宗教、哲学など、人生とかかわる根源的な諸問題を学習、探究し、自己
自身を深めることによって、価値ある生涯を送ることにこそ、生涯教育
の意義があり、早稲田大学オープンカレッジが、生涯教育の理想に寄与
するものと確信する。限られた二度と無い人生を意義あるものに、価値ある
ものに、意欲のもてるものにし、生きがいのある人生を目指し、人を育み、
学問と価値を創り、感動の湧き出る教育を実践し、新しい知的価値の創造
と蓄積に精励し、新たな実業の世界を切り拓くことによって、21世紀の
日本を再生する事に貢献する。

   この早稲田大学奥島総大総長の生涯教育の理念の下、今年の4月より、
早稲田大学オープンカレッジ仙台校を、仙台稲門会主催で、開講する運びと
なった。NPOの一つとも位置付けられる地域社会に対して社会貢献を果たす
すばらしい事業と考える。今年は、早稲田大学オープンカレッジ春講座、
試運転という意味合いから、木曜日、土曜日の5講座に絞って開講の運びと
なった。奮ってのご応募をお願いいたします。応募資格は、向学心旺盛の方
ならどなたでも結構です。稲門に限りません。広くお友達をご紹介いただけ
れば、幸いです。

日時、4月18日(木)より、10:40am〜4:10pm、
会場、宮城第一信用金庫、4F
講座料金は、講座によって異なります。シリーズ一括お支払いです。
最初の講座の前に講座料金をお支払い下さい。
詳しくは下記講座をクリックして下さい。
1、能の魅力
2、ウォーキングを楽しむ
3、お金の達人、(ライフプランとマネープラン、前、パーソナルファイナンス)
    生命保険の達人、(ライフプランとマネープラン、後、パーソナルファイナンス)
4、グローバル時代の文化と開発
5、文化史から見た古代中国(古代中国を学ぶ、前)
    民族から見た古代中国(古代中国を学ぶ、中)
    考古学から見た古代中国(古代中国を学ぶ、後)

提供、早稲田大学ラーニングスクエア株式会社
 
仙台市に生涯教育のレールを引きたいと考えている。
                                      平成14年3月10日(日) 鈴木誠一拝 
クリックすると大きくなります。