雑感85 <学びに遅すぎる事はない。>

  
「少にして学べば、壮にして為すあり。壮にして学べば、老いて
衰えず。老いて学べば、死して朽ちず。」(佐藤一斎)
「稽古とは、一より習い、十を知り、十よりかえる元のその一。」
(千利休)
 十まで学び、改めて一を習うとその一が、極めて新鮮になる。
慣れた事をもう一度、心をこめて習うと、違った気付きと体得を
得られる。習うより慣れろ。慣れたらもういっぺん学べ。
「その道に入らんと思う心こそ、我が身ながらの師匠なりけれ。」
(千利休)
 何をするにも、まず志を立てる事が大事で、その志は、自分自身
の心に約束するのであるので、その志こそ、自分の師匠であるとい
う教えであると考える。
おこるな。いばるな。あせるな。くさるな。まけるな。
 私も人生後半の50歳を折り返し、それまでの蓄積したものを、
生かし、社会に恩返しして、より充実した人生を歩みたいものである。
人生とは、今日一日に尽きる。今日始めなければ、いつになっても
始まらない。人生には遅すぎるという事はない。学びに遅すぎる事
はない。
         平成15年2月15日(土)鈴木誠一拝