ジャズシーンを飾る華麗な10人のジャズヴォーカリスト

ニューオリンズジャズ誕生、ニューオリンズ発祥、アメリカ西南部、 
1920年世界恐慌、 Swing Jazzの確立   
@、Nat King Cole(〜) 
「After Midnight」「Cool Cole」「Standards」
「Unforgettable」「Big Band Cole」、
1940年代、Nat King Cole Trioは、高い評価、
Pianist、Oscar Peterson に大きな影響、
1950年代、Jazz Vocalとして大成功、
アドリブの軽やかなスキャット、思わずうっとりする歌心、
時が経つにつれて深みが増す。非のうちどころの無い完璧さ。
Nat King Cole Big Bandは、Million Seller、
この時代活躍したMale Vocalist、
Bing CrosbyDean MartinJoe Williams、
Bopの革命、BeBopの誕生、
A、Frank Sinatora(〜) 
「Songs for Young Lovers」「Duets」「Concepts」
「Sinatra Sings Cole Porter」「Classic Sinatora」
Francis Albert Sinatora、Mr.Voice、Standard Vocal、
ダンディズムの極地、驚嘆すべき卓越した発声法を駆使、
Frank Sinatoraは、ある意味では、Charlie Parkerに
匹敵するJazz Improviser。
Sinatoraは、自分自身をPopuler Singerと考えていた。
20世紀を代表するアメリカの歌手、古き良きスイング時代
のアメリカを彷彿とさせる。
Sinatoraの歌い方が、Jazz Vocalの基本、フレージングの妙、
バラードに見せる細やかな感情表現。
贅沢、豪華絢爛のステージ、希代のエンターテイナー、
これぞAmerican Entertainment、
1930年代、Cole Porter
1940年代、国民的カリスマとして君臨。
Tommy Dorshy Big Band(1940〜1942)Columbia Record時代(1943〜1952)
1950年代、アレンジャーNelson Riddle Big Band、
Capital Record時代の絶頂期(1953〜1960)
1960年代(1968〜1984)Reprees Record時代、
多くのBig Bandと華麗に共演、Count Basie、Duke Ellington、
Harry James、Craig Raymond、
Sinatora主演映画、Nice Guy New York。

1941年、太平洋戦争、1950年代1960年代コンボジャズ隆盛、
Bopの革命、BeBopの誕生、Cool Jazz、
B、Mel Torme(〜)   
「Singin' and Swingin'」「Cocktail Hour」「The Classic Concert Live」
Jazz Vocalの巨匠、粋で都会的、自由奔放な歌声、
うまい。柔らかい。グルービイ。
しかし日本では、人気無し。Pianist、Drummer、
Artie Shaw、Buddy Rich、Martie Pati(Pf)Big Band
West Coast Jazzの旗手、Art Pepper(As)Gerry Mulligan(Bs)と共演。
1970年代、不遇、
1980年代、Concord Record、George Shering(Pf)
と黄金コンビ。絶妙のバッキング。
Hard Bop、Funky Jazz
C、Mark Merffy(〜) 
「Giants of Jazz」「Bop for Miles」「That's How I Love the Blues」
New York City派、正統派、技巧派、Jazz Vocalist、
自在の歌唱力、CoolでSexy、Scatの名手、
Hard Bop、Funky Jazz
D、Sammy Davis, Jr(〜)   
「Our Shining Hour」「The Wham of Sam」
「Sammy Davis, Jr. Sings and Laurindo Almeida Plays」
史上最高のエンターテイナー、アップテンポナンバーのアドリブ、スキャット、
この時代活躍したMale Vocalist、Jonny HartmanChet Baker、
1920年世界恐慌、 Swing Jazzの確立   
E、Billie Holiday(1915〜1959)   
「The Lady Sings」「Lady Day」「Musical Romance」
「Billie's Blues」「Lady in Satin」
波乱万丈な人生を送った不出世の名花、永遠の歌姫。
悲劇のヒロイン、ドラマッチックな人生。
唯一無二の最高のJazz Singer、人を虜にしてしまう魅力。
Jazz Vocal不滅の金字塔。魂の歌い手、圧倒的な説得力。
器楽奏者のアドリブのような歌唱力、フレージングに対するこだわり。
細かい描写、ニュアンス、深遠なる表現、
喜怒哀楽をすべて歌にしみこませた命の鼓動。
淡々と押さえ気味に歌う。心打たれる。愛称「Lady Day」
サッチモ、ベッシースミスの歌をよく聴いた。
Lester、Wen、Hodges、Carter、Buck、Roy、Sweets、Goodman、Freddie、
eddy、Hank、Peterson、JATP、Count Basie、Artie Shawと共演。
晩年は、売春罪で投獄、麻薬容疑で逮捕、精神的にも肉体的にもボロボロ。
晩年のビリーは、声も荒れ、壮絶な歌声に変身。
Diana Rossの主演で映画化、Lester と恋仲、横髪にさした白いくちなしの花。
F、Ella Fitzgerald(1918〜1996)    
「At the Opera House」「Ella & Louis Again」「Fitzgerald and Pass...Again」
「The Complete Ella in Berlin」「Ella & Basie」
「Bop Vocal」ジャズ界のFirst Lady、史上最高の女性Jazz Singer。
ダウンビート誌20年間連続NO1。
自由奔放、豪放磊落、陽気で底抜けに明るいイメージ。ノリノリの万能型Singer。
Scatは、右に出るも者無し。あたかも楽器を演奏するように、自由に声を使いこなす。
幅広い音楽性、即興ジャズのモニュメントそのもの、
歌唱力は、軽やかで、優雅、正確無比、力強く、繊細、渋み、暖かく張りのある声。
しっとりと歌い上げるバラードを最高。
American Standard Essence。20世紀のJazz Vocalの遺産。
不幸な生い立ち、類まれなテクニック、
1970年代は、糖尿病で苦しむ。エドサリバンショー(テレビ)
G、Sarah Vaughan(1924〜1990)     
「No Count Sarah」「Sarah Vaughan with Clifford Brown」「Sarah & Clifford」
「The Complete Sarah Vaughan on Mercury, Vol. 1」「At Mister Kelly's」
天性の情感、エモーションに富んだ不出生の歌手。豊かで幅広い声域。
モダンで流麗、緻密なフレージング。
天才的なインプロバイザー、アドリブ、スキャット。
豊かな声量とVoice Control。伸びやかで張りのある歌声。Sassyの愛称。
ビリーエクスタインに推奨。アールハインズOrchに入団。
1949年、コロンビア(20代後半)
1954年、マーキュリー(全盛期)
1960年、ルーレットレコード
1977年、パブロ
1977年、ブラジル、リオデジャネイロ、ジョビン、ボンファ
この時代活躍したFemale Vocalist、、
H、Carmen McRae(1922〜1994)     
「Here to Stay」「The Great American Songbook」「Carmen Sings Monk」
「Boy Meets Girl」「Alive」
女性ジャズヴォーカルの御三家、独特の金属質の歌声、メタリックな響き、
バラードのうまさには、定評。深みのある説得力。
べたつかない、さっぱり感が都会的。
最初は、ピアニスト。
I、Helen Merrill(1929〜)     
「Music Makers」「Just Friends」「Complete Helen Merrill on Mercury」
「Clear Out of This World」「You and the Night and the Music」 
「ニューヨークのため息」と呼ばれるハスキーヴォイス、哀感漂う歌手。
インテリジェンスを感じさせる都会的な歌手。
日本での人気がすごい。息の長い歌手。
1954年、エマーシーレコード、
この時代活躍したFemale Vocalist、Peggy LeeNancy WilsonNatarie ColeDinah WashingtonAnita O’day