榎本秀一Ts
ビバップスを聴いて下さいね。
1952年東京生まれ。1970年早稲田大学ハイソサエティーオーケストラ
入部以来、Tenor Saxを手掛ける。1979年渡辺文男クインテットに参加し、
1週間後にレコードデビュー。(コロンビア「フミオ」)。
この頃、同グループを中心に、岡田勉グループG、小津昌彦ハードバップ等で
演奏しつつ、九州、北海道他各地へ楽旅が頻繁になった。
同時に、自分のグループを結成し活動を始め、1984年には、
リーダーレコード「ファーストランナー」をサウンドデザインより、リリース。
1983年、森山威男4グループに参加。「イーストプランツ」(バップ)
レコーディング。同年、他に「インパクト」(キング、板橋文夫G)、レコーディング。
「ドルフィンダンス」(ロブスター、小津G)、「ピクチャー」
(サウンドデザイン、清水くるみG)を各々レコーディング。
又、森山威男4グループで、ヨーロッパ楽旅と、活動が多岐に渡った。
「グリーンリバー」(エンヤ、森山G)も、ニュールンベルグで、
ライブレコーディング。

この頃より、父二代目榎本秀水に師事し、琴古流尺八の本格的修業に入る。
日本民謡協会教授。1999年より(財)日本民謡教会青年部長を務める。

ジャズ活動は、1987年まで、森山威男4グループを中心に活動し、
同時に、自己のグループの充実を図り、全国各地への楽旅等、場を拡げる一方
鹿児島鬼神太鼓との共演。パリダンサーとのセッション、山下洋輔坂田明
橋本一子原田依幸日野元彦リチャードディビスら多くのミュージシャン
と共演、自主コンサートの開催、画廊でのそろパフォーマンス等、
音楽と他の芸術の枠を取り払う指向を持った活動も行う。
1990年秋、初CD「マラムサヤ」(学研フラッツアケタズデイスク)を発表。
1997年8月には、コロンビアより、再発売された。
現在は、自分のカルテットを中心に、明田川荘之オーケストラトムピアソンオーケストラ、他多くのセッションに参加している。
今後は、ジャズを中心にして、ジャンルを越えた、新しくて、かつトラッドで
あるような音楽創造を指向しており、1999年1月には、現メンバーによる
オリジナルCD「夏の庭」(マラムレーベル)を発表した。
榎本秀一連絡先、TEL03−3784−9712、メールアドレス、info@nichimin.or.jp


s@suzuya-k.co.jp
1999年Bebops9thコンサート
クリックすると写真が大きくなります。


  <Bebops9thコンサートとっておきの裏話>



  去る9月11日、土曜日に、ビーブで開
催した榎本秀一カルテットを招いてのbebops 9th concert 
の報告をいたします。開演前に大変なハプニングがあ 
りました。bebops と榎本秀一の音あわせで、summer 
time のリハで、私が30年近く愛用していたtenor sax 
のストラップを引っ掛ける丸いわっかの金具がはずれて
楽器を床に落としてしまいました。saxは、私と一緒で、
とてもデリケートで、大変傷つき易く、案の定キーバラ
ンスが崩れて、音がでなくなりました。マッツサオ・・・・・
どうしよう。困った。開演が6時半、今5時、あと1時間
半しかない。「みんなリハ続けてて。」と言って楽器屋に走
る。ここから一番近いのは、サンリツ楽器と決め、全速で駆け
込む。幸運にもセルマーのtenor saxが1台だけ在庫があ 
り、必死に事情を説明して、何とか3時間だけ貸してくれ
るように頼むが、新品なので1度吹いてしまうと売り物に
ならないと、丁重に断わられる。何度も頼むが勘弁して
くれの一点張り。5時半をまわった。開演まであと1時間
弱。ぐずぐずしてはいられない。「わかりました。これ買
います。」驚き顔。「ほんとですか。」10万円の手付金を
払って急いで戻ろうとする。楽器屋さんが確認のために
ついてくるという。生まれてはじめての衝動買い。生まれ 
てはじめての付け馬。開演30分前、会場に戻る。お客
さんが入り始めている。何とか間に合った。滑り込みセ
ーフ。
オープニング、coming home baby,[あれ、まだ吹いてな
い。音でるかなー。・・・・なかなかいいジャンこの楽器。
アタリ、アタリ。」音の抜けが良く、吹きまくる。タスカッター
。お客さんは、150人ほどの大盛況。楽器がだんだん
馴染んでくる。低音部の響きがとても気持ちがいい。楽
器にありがとうとお礼をいう。
ボーカルバージョンに入り、祐子さんが登場し、会場は
ますます熱気を帯びる。そしてspecial guest榎本秀一
登場。summer time,  on green dorfin street の熱い
セッションで1stageが終わる。やれやれと言うのが実感
でした。
2stageは、はじめから大ブレイク。豪放なtenorと軽妙な
しゃべりで、会場はまさに一体感。藤沢由二、リリカル
ないいピアノだ。腰を浮かしてひく奏法は、スイングの
臨場感を醸し出す。永田利樹のステデイなベースワーク
が、強烈なリズムをおくりだす。上村計一郎のダイナミック
なドラミングで、最高潮に盛り上がる。いいバンドだ。
3stage,榎本が尺八をとりだす。そらそらきたぞー。
まくらに、さんさ時雨れで、会場は、拍手喝采。良い客
層だね。感謝。オリジナルの連発。榎本のsoulfulな世界。
ほとんどの人が目をとじて、体だけは、スイングしている。
いい世界だ。私自身も、余韻に浸る。
アンコールという事で、tenor madness のjam sessionと
なる。榎本が、フレーズをかいして、「その楽器、なるジャン
いい音してる。」「おれ、新品欲しかったんだ。これアタリ、
アタリ。」そんな感じのjam sessionだった。
あっという間に至福の時が過ぎ去ってしまった。お客さん
が満足げに帰っていく。口々に、「来年、また呼んでね。」
と言ってくれた。よかった。よかった。めでたし。めでたし。
 
コンサート、定禅寺が終わって、榎本カルテットのメンバ
ー、bebops のメンバー全員、菊田健三君、佐々木君、山田君
が、拙宅に集まってくれて感動的な打ち上げとなった。
うちのボロピアノで、藤沢由二君のすばらしいプレイを堪能
しました。娘のひろみは、うっとりと聞き入っていました。
ベースの永田君のブルースには、痺れました。榎本君の
沖縄の踊りには、あきれました。祐子さんの乗りのよさ
には、感心しました。上村君の小柳るみ子ぎらいには、
驚きました。榎本カルテットには、これから、ほんとうに
頑張って欲しいとおもいます。
来年6月1日、会社の創立50周年、bebops10周年なの 
で、榎本カルテット、プラスvo丸山繁雄を呼んで、やりた 
いと、佐々木君と、話していました。きっと、この夢は、 
実現するでしょう。
最後にprを。来る12月10日金、3年連続で山野で優勝
したので、又、早大ハイソを呼びます。bigband jazzの醍醐
味をお楽しみ下さい。皆様のご支援よろしくお願いします。
健三君、ビデオ撮りありがとう。佐々木君、デジカメ撮り
ありがとう。山田君、守郎 君、受付ありがとう。皆さんの
おかげでいいコンサートを開く事が出来ました。

                                         鈴木誠一拝


9th定禅寺ストリートジャズ


2000年Bebops10thコンサート
2003年オータムコンサートWith榎本秀一(Ts)カルテット