ジャズシーンを彩るダイナミックな10のビッグバンドジャズ


1920年世界恐慌、

1920年代、ニューオリンズジャズ誕生、デキシー発祥、アメリカ西南部、

Swing Jazzの確立、ビッグバンドジャズの全盛、Dance Music全盛 

@、Benny Googman(1909〜1986)     

「Live at Carnegie Hall 1938」「On the Air 1937−1938」

「Sing Sing Sing」

King of Swing、ビッグバンドのアンサンブル、楽譜、Teddy Wilson、1930年代一世を風靡、

A、Duke Ellington(1899〜1974) 

「The Popular Duke Ellington」「The Great Summit」

「Duke Ellington & John Coltrane」

Duke、公爵、King of Sir Duke、20世紀最大の芸術家、完成された様式美、

B、Count Basie(1904〜1984)  

「Straight Ahead」「Atomic Basie」「Breakfast Dance and Berbecue」

Benny Moten、

1930年代、1936年〜 Old Basie時代、Kansas City Swingの完成、

Lester Young、Billie Holiday、

1951〜1956年、Verve時代、黎明期、Septet、

Notet、Marshal Royal、Sonny Paynes加入、

1957〜1962年、Atomic Basie時代、充実期、

Two Franks、Thad Jones、Snooky Young、AL Grey、

1963〜1967年、Basie Machine時代、低迷期、

ジャズがポップス、ロックに押される。ビートルズ、Ella、

1968〜1972年、Sammy Nestico時代、黄金期、

「Straight Ahead」「Afrique」

1972〜1984年、Sammy Pablo時代、完成期、

Norman Granz経営、Ella、Oscar Peterson、79歳享年、

1984年〜、After Basie時代、

Thad Jones、Frank Foster、Grover Mitchel、Bill Hughes

C、Buddy Rich(1911〜1987)

Hard Bop、Funky Jazz時代、1966年〜

ジャズドラマーの大御所、現代的ビッグバンド、

「Mercy Mercy」「Big Swing Face」「Keep the Customer Satisfied」

Harry James から独立、切れ、ダイナミック、

D、Stan Kenton(1930〜)   

「Stan Kenton New Concepts of Aristry in Rhythm」

「Kenton in Hi-Fi」「Easy Go」

多くの白人プレイヤー、アレンジャーが育つ。来日したことがない。スタンダードの宝庫、

Maynard Furguson、Bill Chase、Carl Fontana、

Joe Farrel、Bob Cooper、Lee Konitz、

Bill Hollman、Shorty Rogers、

白人ハスキーボイス、June Christy、Anita Oday、Criss Corner、

E、Woody Herman(〜1987)   Cool Jazz、Mode

「From East to West」「Giant Steps」「The Raven Speaks」

The First Herd、1936年〜、Four Brothers、4人のテナーマン、

West Coast Jazz、

The Second Herd、1940年代、

The Third Herd、1950年代

The Thundering Herd、1970年代〜、George Gershuwinの唄もの、

(その他のビッグバンド)

Lionel Hampton、Glenn Miller、Tommy Dorsy、Artie Shaw、Harry James、

Flecher Henderson、Cab Calloway、Sun Ra、Les Brown、Eael Hines、

Louis Bellson、Gene Crupa、Billy Eckstine、

Bopの革命、BeBopの誕生、

1941年、太平洋戦争、1950年代1960年代コンボジャズ隆盛、

1970年、Mode、Cross Over Music

F、Kenny Clarke & Francy Boland(〜)     

「Off Limits」「All Blues」「Calypso Blues」

ヨーロッパ最高の双頭ビッグバンド、ユーロアメリカンジャズ、唄ものピカイチ、

アヴァンギャルド、コンテンポラリー、ハードバップの熱気とスマートなアレンジ、

Sax No End、Astororama、Winter Song、

G、Thad Jones & Mel Lewis(1965〜1978)   Cross Over Music

「Central Park North」「Consummation」「Live at the Village Vangurd」

コンボの面白さとThad Jones の野心的なアレンジ、

ソロの堪能とブラス陣の迫力、甘美なサックス陣のオブリガート、

Thad Jones 1962年Basie退団、第一期Qincy Jones楽団参加、

EndingアレンジはQincyの影響、わびさびのファンク、ロックビート、

最も演奏が多かった曲、Mean What You Say、

日本に3回の公演、ビッグバンドの理想郷、キラ星のごとくのスタープレイヤー、

H、Quincy Jones (1941〜)

「Quintessence」「Big Band Bossa Nova」「Quincy Jones' Finest Hour」 

音の魔術師、Basie Soundを華麗に発展させたQincy Soundの神髄、

Hard Bop Style、敏腕スーパープロデューサー、Basie Soundの今日的展開、

ブラックコンテンポラリー、エンターテインメント+わかりやすさ+大衆性

カジュアルのリスナーからうるさ型のジャズファンまで、売れるジャズ、

アメリカジャズシーンで最も活躍している人物、   

Cross Over Music、

I、Maynard Furgusun(1945〜)     

「Conquestador」「Live from San Francisco」「Swingin' for Schuur」 

ハイノートトタンペッターの第一者、70歳過ぎても現役、

1950年、Stan Kenton楽団でデビュー、天才ニックレインのアレンジ、

1970年1980年代CBC時代、全盛期、ブラスセクションのど迫力のバッキング、ノリ、

David Sanborn、John Faddis、George Benson、Steve Gadd、

Stanly Clark、Chick Corea、

Rocky、Star Wars、Maria、Birdland、

映画音楽のバックグラウンドミュージック、Cross Over Music、

(その他のビッグバンド)

Gil Evans、Richie Kamuca、Toshiko Akiyosi、

Don Ells、Bill Hollman、Oliver Nelson、