2017年11月11日(土)
<米大統領歴訪、北朝鮮包囲網、残る濃淡。北朝鮮を核廃棄に追い込む包囲網には濃淡。北朝鮮を核廃棄に追い込む包囲網には濃淡。外交の時間残り少なく。>
 
11月11日土曜日、日経新聞の切り抜きをして、
目に留まった言葉です。(20171111)
http://www.suzuya-k.co.jp/nikkeikirinuki.html 
米大統領歴訪、北朝鮮包囲網、残る濃淡。
北朝鮮を核廃棄に追い込む包囲網には濃淡。 
米、日韓との連携は前進。中国、対話を堅持。
外交の時間残り少なく。
日本、韓国、中国3ヵ国首脳と会談。
習近平・シージンピン、銀行口座取引制限。
北朝鮮を追い詰め過ぎたくないのが中国の本音。
石油の全面禁輸は了解せず。
北朝鮮の貿易の9割をしめる中国の協力なければ。
待てば待つほど危険が増し、選択肢が狭まる。
トランプ氏は、終始仏頂面。北朝鮮の暴発恐れる。
米製品の購入、28兆円商談成立。
ムンジェイン、韓国の同意なくして、軍事行使ありえない。
対話にこだわり、軍事行動に警戒感。
トランプ大統領初来日、北朝鮮へ圧力強化。
テロ支援国家再指定検討。
待遇手厚く、国賓並み、昼食夕食4回連続。
国際社会にシンゾー・ドナルド信頼関係を発信。
陸上型イージス2基導入。弾道ミサイル防衛。
日本全域カバー。運用開始2023年。2基で1600億円。
地上配備型イージスアショア、日本海側に2基配備。
日本のMDミサイル防衛。
@海上から大気圏外にあるミサイルを迎撃するイージス艦。
地上配備型イージスアショア、第1段階の撃ち漏らしを減らす。
SM3ブロック2A。迎撃可能高度1000km超。
A大気圏内に入ったミサイルを撃ち落とすPAC3
地対空誘導弾パトリオットミサイル。
沈黙の北朝鮮、核に固執。軍事挑発止め2ヵ月、制裁に焦り。
米との交渉条件は譲らず。
核保有国の認定を条件に、米国に交渉を迫る。
国を守るためには最強の核抑止力が必要。
核抑止力は繁栄の宝剣。
トランプ外交、内政が影。ロシア疑惑、元側近らへ波及。
@ロス商務長官、パラダイス文書、
プーチン氏と近い企業と78億円取引。
Aフリン前大統領補佐官、追訴へ。
Bマナフォート元選対会長、起訴へ。
Cゲーツ氏、起訴へ。
Dパパドブロス元外交顧問、逮捕・起訴へ。
Eクシュナー上級顧問、駐米ロシア大使に
秘密通信回線設置要請。
Fトランプジュニア氏、クリントン元国務長官の
不利な情報を提供しようとしたロシア弁護士と面会。
Gセッションズ司法長官、偽証。
大統領選へのロシアゲート捜査統括、モラー特別検察官。
ロシア、米SNSに資金か。フェイスブック、ツイッター。
パラダイス文書、世論工作に関心。
SNSを通じて米国の世論操作を意図した
ロシアの工作の裏付け。
疑惑の核心は、ロシア系ファンド、DSTグローバル、
217億円。 
ロス米商務長官にロシア疑惑、石化大手と78億円取引。
タックスヘブン・租税回避地・新文書。パラダイス文書、
ロス米商務長官。
米国益と利害対立する利益相反の可能性。
プーチン大統領側近、
シャマロフ氏・娘婿、ティムチェンコ氏。
石油化学大手シブール。
ロス米商務長官出資。
海運会社ナビゲーターホールディングス。
パラダイス文書、鳩山由紀夫元首相の名も。 
FRB・米連邦準備委員会、次期理事長に、
ジェロームパウエル氏。ウォール街出身。
交代優先、無難な人選。市場に安堵広がる。
低金利派、穏健な出口探る。
イエレン現議長退任。FRB、安定感を重視。 
いざなぎ超え、不安交じり。景気回復、戦後2位58ヵ月。
稼ぎ、輸出から投資へ。国内に還流しずらく。
海外需要の追い風。 
日経平均、バブル崩壊後最高、22937円。
企業、海外で稼ぐ力。国内構造改革進まず。 
日本経済、3つの追い風。先行き強気、広がる。
@企業業績、A海外景気、B緩和継続。
米利上げ、中国景気に懸念。
大手銀、店舗スリム化。完全無人導入へ。
デジタル化、機能特化でコスト減。
店舗網の抜本的な見直し。
三菱UFJ銀、三宅承頭取。
@完全無人店舗、セルフ店舗。
Aサテライト型軽量店。軸に顧客との接点増やす。
Bすべてのサービスを備える従来型中核店。
みずほ、全国一律撤退、金融サービス、店舗の半数。
機能絞る。2026年まで80000人を19000人減らす。
構造改革で浮く人員を再配置。 
化学7社最高益。4〜9月。石化製品、市況好転。
旭化成通期で22%増。
@信越化学、A三菱ケミHD、B旭化学、C住友化学、
D東ソー、E三井化学、F宇部興産。
AIスピーカー、アマゾンが発売、主役エコー、日本上陸。
機能の数が勝敗左右。
エコー・アマゾン、11980円、JR東日本、資生堂、連携。
グーグルホーム、14000円、動画配信ネットフリックス。
ウェーブ・LINE、14000円、ラジオ再生、赤外線使用。 
三越伊勢丹、再起へ手探り、新通販サイト、4000社招集。
インターネット通販を成長の軸にする。杉江俊彦社長。
米アマゾンドットコムのネット勢に対抗。
当面は構造改革に専念。
大西洋前社長の拡大路線に決別。
最大の資産は400万人の顧客基盤。
Jフロント、脱百貨店。
高島屋、街作り戦略。 
神鋼、統治きかぬ風土、品質データ不正。
再発防止、徹底遠く。繰り返す不祥事。
自立経営、維持できるか。再編と一定距離。
会社の遠心力、あらがえず。多角化でたこつぼ。
経営トップのガバナンス・企業統治が行き届かない。
組織ぐるみで不正。データ改ざん。
鈴木商店が母体の神戸製鋼所。 
ヤマダ、住宅関連、ナカヤマを買収。リフォーム、需要。
高齢化で需要拡大。家電住まいる館開設。
アサヒ製陶連携。 
LIXIL47%減益。4〜7月、海外子会社で売却損。
純利益128億円。売上高8099億円。
瀬戸欣哉社長、もうかる会社への転換。
採算悪化の事業のリストラ急務。 
大和ハウス、純利益15%増、1100億円。4〜9月
小規模複合開発伸びる。住宅、保育所、コンビニ。
賃貸建設・管理堅調。再開発ビル、物流センター。
50万戸の管理物件。
売上高3兆7500億円、純利益2100億円。
熊谷組、住友林業と資本提携、共同で海外開拓。
住友林業は、熊谷組の筆頭株主に。
熊谷組も住友林業に出資。
東京五輪後の需要の冷え込みをにらみ業種を超えて。
熊谷組の土木建築ノウハウ、住友林業の一戸建て住宅。
住友林業346億円で20%の熊谷組株式取得。
熊谷組100億円で2.85%の株主に。
住友林業市川晃社長、熊谷組樋口靖社長。
互いの強みでグローバルな展開を。
ハイブリッドな商品を提供。
アジアを中心に共同で都市開発。
木造緑化、海外、再生エネルギーで特に協力。
多角化、受注幅広く。五輪後にらむ。
大手住宅メーカーとゼネコンとの提携。
@大和ハウス工業、100%出資、フジタ。
500億円で買収。2013年。
A積水ハウス、33.3%出資、鴻池組。
B住友林業、20%出資、熊谷組。
Cパナソニック、全株式取得、松村組。
D旭化成ホームズ、30.2%出資、森組。
ゼネコン、下請け支援。代金決済早める。
大成建、人手確保後押し。
年間6000億円の支払い手形利用。
支払手形決済期間を90日から60日へ短縮。
取引先は現金が早く入り、資金繰りが楽に。
人材確保の原資に。
自動車、小売りに広がる。
三井住友建設、2018年中、
支払手形決済期間を90日から60日へ短縮。
五洋建設、10月から手形から現金へ。
建設業就業者数ピーク1997年。
2016年は7割の495万人に減少。
人手の確保が、ゼネコン各社の最大の経営課題。
                 鈴木誠一拝
手作りのHPをご覧下さい。http://suzuya-k.jp/