2017年4月14日(金)
<シリア危機、深める米ロ対立。G7外相声明。ロシアの関与促す。>
  
4月14日金曜日、日経新聞の切り抜きをして、
目に留まった言葉です。(20170414)
http://www.suzuya-k.co.jp/nikkeikirinuki.html
シリア危機、深める米ロ対立。G7外相声明。ロシアの関与促す。
米、シリア攻撃、アサド政権軍事基地に。巡航ミサイル59発。
シリア独裁者、バッシャールアサド、化学兵器で罪のない市民を殺戮。
米、サリン使用、疑惑解明待たず決断。米議会、与野党共に支持。
内政の失地回復狙う。オバマケアの頓挫。強い米国誇示。
シリア内戦、三つ巴の戦闘。中東の民主化運動アラブの春反体制。
@アサド政権、A反体制派、Bイスラム国(IS)。
シリアからの難民500万人超。欧州各国で極右勢力台頭。
ロシア、侵略と非難。処方箋なき劇薬の危うさ。
首相、米の決意支持。プーチン、主権国家に対する侵略と非難。
イラン、攻撃を非難。
サウジ、イスラエル、トルコは、歓迎。勇気ある決断。
アサド政権軍7人死亡。化学兵器軍事施設空爆。
シリア安定へ。ロシアの関与を促す共同声明。
米ロ、最低の関係。改善探る。シリア問題は譲らず。
紛争終結にむけてアサド政権への影響力を行使するよう促す。
アメリカのシリア攻撃は、化学兵器の拡散と使用防止を目的。
ティラーソン米国務長官、ロ、ラブロフ外相と会談。
プーチンもティラーソンと2時間会談。
ロシア、敵か味方の選択、迫るな。米、議論して、相違点縮める。
両国の溝深まる。シリア、アサド政権の支援やめよ。
ロシア、アサド政権サリン使用を断定し攻撃に踏み切った米へ反発。
ロシア、アサド政権サリン使用の証拠ない。2003年イラク侵攻と同じ。
主権国家に対する侵略行為、国際法に違反。
ロシア、対立激化望まず。米との関係悪化は不可避。
対イスラム国、協調探る。
シリア包囲網一段と。米、追加制裁へ。ロシア関与も調査。
アサド政権、存続に自信、米爆撃1週間、反体制派に攻撃続く。
ロシア、イラクの支持を受けながら。
米、シリア内戦への軍事介入は否定。
トランプ大統領の行動は、米国が世界の警察官としての
役割を復活させる証明か。?
ワシントンの外交政策の主流派、世界秩序の安定にも、
必要なら武力行使もいとわない姿勢が不可欠という考え方。
一方、なぜ新たなイスラム教の大惨事に関わるのかという失望。
イスラム国(IS)掃討を巡る米ロ協調が改善できるか。?
イスラム国(IS)包囲網。
@米国AロシアBエジプトCイランDシリア(アサド政権)
劣性イスラム国(IS)再び台頭。対テロ同盟の亀裂突く。
イスラム国(IS)掃討に乱れ。テロ再拡大の引き金も。
エジプト連続爆破テロ。エジプト、シン大統領、緊急事態宣言。
ロンドン、テロ事件、死者5人に。
米シリア攻撃で、米ロ亀裂。イランも米と対立。
ISの首都位置付けるシリアのラッカ、イラク最大拠点のモスル。
G7外相会議、対ロ包囲網、薄氷の結束。
強硬米英、独仏は制裁慎重。
ロシアをコーナーに追い込めるのは誤り。イタリア、アルファノ外相。
ロシアを積極的に巻き込み停戦を実現することが重要。
核ミサイル開発を続ける北朝鮮への制裁を強める。
中国に役割を果たすよう働らきかけ。
中国、北朝鮮制裁履行を強調。対北朝鮮、石炭輸入が半減。
中国が石油供給を止めれば、北朝鮮は3ヵ月持たない。
中国に圧力をかけ、北朝鮮を威嚇する米国。
対北朝鮮、具体策欠く。
中国、対話解決を堅持。米朝双方が自制を。
制裁と対話は同時並行。
米国、単独行動辞さず。対話は北朝鮮が態度を改めてから。
一致点、核ミサイル開発は深刻な段階。核放棄への協力強化。
対北朝鮮、中国の協力ないなら、米大統領、独力で解決。
北朝鮮、核強国を強調。最高人民会議、米への反発強める。
キムジョンウン、最高指導者について5年。
キムジョンウン、対米威嚇強める。強硬策に反発と危機感。
化学兵器の保有量、@米国AロシアB北朝鮮。
北朝鮮、対米で強気。キムジョンウン、特殊部隊を視察。
要人の暗殺、重要施設破壊の工作を手掛ける特殊作戦部隊。
ピョンヤン、高層住宅街、黎明通りの完成式典。
核実験の準備続行。対話の余地探る。
シリア攻撃は、北朝鮮への警告。ティラーソン米国務長官。
米海軍、原子力空母カールビンソンを朝鮮半島周辺に派遣。
目に見える軍事力で強く牽制。強い外交、強い軍事。
無敵艦隊、主力空母、ミサイル駆逐艦。海自の護衛艦合流。
クリントン、ブッシュの圧力から対話、20年の努力は失敗。
オバマの戦略的忍耐は、北朝鮮の核ミサイル技術を向上させた。
北朝鮮制裁、真剣に考える。習氏、米中首脳会談で言及。
中国が実行するかどうかが今後の焦点。ボールは中国にある。
中国が対応しない場合、米国が単独行動に出る。
北朝鮮緊迫、米まず外交、不調なら軍事行動。
2段階論、日本に伝達、海自と共同訓練。
米、外交努力と軍事措置。軍事行動を辞さない構え。
核ミサイル開発挑発続ける北朝鮮へ。焦る習氏、米に自制要求。
人、物、金に制限をかけ、北朝鮮を封じ込める。
北朝鮮攻撃、日米の事前協議、在日米軍も対象に。
日本に影響考慮、軍事行動扱い広く。
自衛隊が米国の軍事作戦にどのように関わるかが焦点。
政府、北朝鮮有事に備え。邦人保護。難民対応。
韓国に5万7000人の邦人。
民間機、政府チャーター機、自衛隊機を活用。
難民対応、難民を装った工作員、スパイの流入を防ぐ仕組み。
北朝鮮、サリンを弾頭につけて着弾させる恐れ。
トランプのつぶやき。
こんな状況で2020年東京オリンピックをやるのか。?
北朝鮮を止める秘策はあるのか。?
米、NATOと協調に軸足。テロ対策一致。財政負担にはクギ。
NATO、ストルテンベルグ事務総長、トランプ会談。
IS掃討は、最優先課題。
ギリシャ支援、債権国に課題。瀬戸際政策もう限界。
有事意識でマネー退避。株価下落。有事の金買い進む。
円上昇109円台、米強行姿勢が火種。5ヵ月ぶり。
ドル高、いらつく米。日中へ圧力焦点。
円高圧力強まる恐れ。トランプ氏、ドル強すぎる。
経済対話控え動きづらく。日本政府は沈黙貫く。
108円台、企業収益の分水嶺。5ヵ月ぶりの安値。
ブラジル、5回連続利下げ。景気本格回復なお遠く。
高失業率、資源にも先安観。
基準金利1%下げて年11.25%。インフレ抑制進んでいる。
レアル高で輸入物価上昇が抑えられる。テメル大統領。
中国2位転落、貿易額。4ぶり米、首位に。
@米国407兆円A中国405兆円BドイツC日本Dフランス。
2016年世界の輸出入は低下。WHO、保護主義に警鐘。
東芝再建、視界開けず。監査法人の変更示唆。
1兆円融資綱渡り。銀行団足並みに乱れも。
東芝、適正意見なく決算、債務超過2256億円。
2016年4〜12月。延長回避も信頼低下必至。
監査の適正意見がない異例の決算。綱川智社長。
監査のお墨付きを失う。監査の不表明。
監査法人は、事業継続に重要な疑義と注記。
売上3兆8468億円。名門企業の苦境を印象づける。
上場廃止回避、壁多く。適正意見なし。本決算は通らず。
メモリー売却、なお前途多難。東芝再建、難路が続く。
米ウエスタンデジタル、東芝に意見書、
半導体の独占交渉権要求。
原発、迫る技術断絶。輸出停滞、水準保てず。技術伝承限界。
日立製作所、三菱重工業、東芝。国内新規稼働、2009年が最後。
日本の原子力産業が岐路。一度失った技術は簡単に取り戻せない。
事業継続こそ力。産業は、事業継続、蓄積が力となる。
米アマゾン発、荷物、4億5000万個。日本郵便と同じ個数。
ヤマト、米アマゾンの6割強を運ぶ。
ヤマト、営業益5割減。未払い残業代200億円響く。
2017年3月期、営業利益300億円、前期580億円。
売上1兆4600億円。宅配便、強気の交渉。
採算確保、理解広がるか。荷主も協力模索。
ヤマト、値上げ。27年ぶり。総量抑制は9月。
再配達削減を狙い宅配ロッカーの増設。
宅配ボックス、各戸に。大京、郵便受けと一体化。
ライオンズマイボックス導入。再配達を減らす。
セブン、宅配人員囲い込み、セイノーと新会社。
人材獲得競争厳しく。
流通代表企業が物流の末端まで支援しなけばならない人手不足。
宅配サービス、セブンミール、全店の7割超、15000店で展開。
セイノーHD、セブン宅配を代行子会社を5月から稼働。
100人の配達員、広島県から全国に広げる。
商品は軽トラックで、主婦を積極的に活用。
5店舗で試行、利用金額は10倍に増えた。500円以上送料無料。
小売り8割、今期増益、価値重視、消費に変化。
衣料、節約でメリハリ。小売企業の業績が好調。
セブン&イレブンホールディングスなど3社に1社が最高益。
健康、安全、といった価値が受けいれられた商品は、
価格が高めでも販売を伸ばしている。平均26%増益。
セブン&イレブン、井阪隆一社長、イオン、岡田元也社長、
ローソン、竹増貞信社長、高島屋、木本茂社長、
しまむら、野中正人社長、良品計画、松崎暁社長、
イオン、売り上げ8兆3000億円、純利益1500億円、33%増益。
イオンリテール岡崎双一社長、顧客は価格だけでなく価値を評価。
旧ダイエーを、イオンスタイルで、惣菜、ワインを取り揃える。
安全認証を受けた魚、自然肥料で育てた肉など高価格品好調。
惣菜、冷凍食品、糖質を抑えたパン、ニーズ伸びる。
野菜を豊富に使ったグリーンスムージーが人気。
訪日外国人の消費は好調。外食産業、7割横ばい、厳しい。
衣料品を買い控える節約志向の中で。
家の中を快適に整える住居関連は、付加価値の高い商品。
不採算事業の縮小。付加価値の高い商品の品揃え。
IT(情報技術)の活用。
通販の拡大、人手不足の厳しさ。
トヨタ、米工場に1500億円、設備刷新、トランプ氏評価。
ケンタッキー工場、中型カムリ50万台。圧力が和らぐ可能性。
TNGAに対応した生産設備刷新。8200人の雇用。
トヨタ、リハビリ支援ロボ。10年かけ実用化。新たな柱に。
医療機関に貸し出し。3年後100台の普及。
脳卒中患者を再び歩けるよう支援。1.6倍早く歩ける。
リコー、カメラ事業縮小。個人向け、撤退も検討。
スマホ拡大、業務用にシフト。デジカメ市場、1/5に。
スマホに市場奪われる。カメラ事業は、リコーの祖業。
ヤマダ電機、ベスト電器を完全子会社。7月、商号は変えず。
大和ハウス工業、10ホテル新設。2020年まで。250億円。
大阪万博、パリと誘致合戦。2025年。
人口、2053年に1億人割れ。50年後8808万人。厚労省。
働き手4割減。生産年齢人口7728万人から4529万人へ。
高齢者人口38.4%、5人に2人。出生率1.44で。
希望出生率1.8の実現するための少子化対策を。
特別会計の怪。先送りの誘惑。省庁の貸し、ツケに。
借金返済1.8兆円延期。約30年後に。負担、損失の先送り。
地方が国から借り受けた32兆円の借金。
2017から2024年の8年間の返済額、1.8兆円延期。
2050から2052年の3年間に先送り。
将来世代にに負担のツケを回す。将来への備え、切り崩し。
できぬ国債増発。一般会計の表舞台、特別会計の裏舞台。
消えては浮かぶ特会の埋蔵金論争。埋蔵金頼みは限界。
2007年、中川秀直氏、数十兆円の埋蔵金がある。
特別会計のお金は、国民の資産。使途をガラス張りにすべき。
年金、117兆8068億円。労働保険、15兆3460億円。
地震再保険、1兆3021億円。貿易再保険、1兆331億円。
財政再投資、5925億円。計、136兆0805億円。
財務省が、特別会計の裏舞台で操作をしているのでは。?
なぜ、特別会計を無くして、一般会計に一元化しないのか。?