Bebops15th Concert with丸山繁雄(Vo)Quartet ビバップスを聴いて下さいね。
  
12月11日(日)6:30〜7:20pm、atビーブ

<Numbers>
1、Bebops’s Theme、 
2、Someday my Prince will come、 Pf1、NG1、    
3、Misty、               Tb半、TG半、
4、Memories of You、         Tp1、
5、Cheese Cake、           Ts1、NG1、
6、Blues for Bebops、        Pf1、Ts2、TG2、Tb2、NG2、Tp2、 
7、Taboo、              Ts1、TG1、
8、That’s a Plenty、        Pf1、Tp1、
9、Bebops’s Theme、         TG2、Tb2、Pf2、Ts2、NG2、
丸山繁雄カルテットwithビバップス
1、Strangers in the Night    Ts1、
2、Day in Day out           G1、

丸山繁雄カルテット、7:30〜9:00pm、
15thビバップスコンサートは、ミスタージャズヴォーカル丸山繁雄カルテットを
お迎えして開催いたしました。丸山繁雄カルテットステージはSong Is Youでスタ
ートしました。一瞬にして丸山ファンタステックワールドに誘い込まれました。
禁煙したということもあってか、一段と艶と張りのある声量と、明確なディク
ションでスイングするパフォーマンスは、まさに当代トップヴォーカリストの
感動に引き込まれました。発声法や発音がこれほど違うものかと、聴衆は圧倒され、
丸山ワールドにドップリつかりました。腹の底からの歌い方ができる本物の歌手が、
何人くらいいるだろうか。丸山繁雄氏が、数少ない正統派ジャズボーカルリストと
いわれるゆえんでしょう。丸山氏の真骨頂は、アップテンポのナンバー、
This Could Be Start Of Something Big でいかんなく本領を発揮しました。
エラフィッツジェラルド、サミーデーヴィスジュニアを彷彿とさせるスキャットは、
他の追随を許さない世界でした。酒バラ、コートにスミレを は、本当に美しくて
うっとりしました。米田さんの珠玉のピアノと、横山さんのステディなベースワーク、
野崎さんの軽快なドラミング、まさに酔狂なおとなのジャズを楽しましていただきました。
丸山繁雄ヴォーカル
米田正義、ピアノ
横山裕、ベース
野崎正紀、ドラムス

ビバップス
熱心なオーディアンス
丸山繁雄カルテット
丸山繁雄カルテットwithビバップス
打ち上げ
       平成17年12月10日(土)ゴードン鈴木拝